忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

03/01

Sat

2008

保留にしている小説がある。
長編小説だけれど、他のブログの人気キーワードトップ10の上位に「消えたい」があったので、忘れないうちに書こうと思った。
保留にしている小説の中で、リストカットをする女の子がいる。
その子は「死にたい」ではなく、「消えたい」と切に願っている。自分は不幸だと。

なぜ、「死にたい」ではなく、「消えたい」なのか。

それは「死にたい」と思えるほど自己を強く感じていない。まるでいないかのような、うすっぺらのような感覚で過ごしている。本当に自分は生きているのだろうか、本当に自分は誰かに必要とされているのだろうか、こんな自分でも心底泣いてくれる人がいるのだろうか。

それは、まるで「アイデンティティー」というものが、霞のようになっていて、自己を確認できないあいまいさの中にいる。泥の中にいるようで、感覚さえも麻痺して、何かを強く感じることがない。
強烈な自己否定の連鎖の中で、その痛みに耐えるために心が勝手に死んでいくのだ。

私がそこから出られたのは「偶然の理解者」だった。「者」ではなく「物」だったのだが、歌舞伎だから「者」でもある。

「心から通じ合えているな」という充実感を持っていれば、「消えたい」なんて思うことはない。その前に強烈な否定を数多く受けてしまえば、自分の存在そのものがあいまいになる。特に優しい人はなりやすい。

もし、このような人に会ったら、その人の言っていることを否定してはいけない。なぜならば、その人の言っていることは、

「自分の感覚においては限りなく真実」

だからだ。

そしてそこに反論をするということは、

「相手の感覚を否定する=その人の存在を否定する」

ということになるからだ。

「最後の砦」として、「自分の感覚」がある。
否定されたものは「最後の砦」を守ろうと必死になって防戦するだろう。
「そんな元気があるならどうしてできない?」
ということを言う人もいる。

しかし待ってください。
それは「あなたの感覚」ではないのですか?
それを押し付けているということは、「相手の感覚を無視している」ということです。

長く長く話を聞いていれば、必ず客観的な真実が見えてくる。
時間がかかるが、その部分においては嘘は付かないと思われる。

「消えたい」と思っている人は、自己のみならず、他者にまで否定的になる。
それは恐らく、ほとんどの場合は他者から強い否定を受け続けてきた結果なのだろうと思う。
このクセは、発作的に残ったりする。
よほど気持ちを入れ替えないと抜けきらない。
もしくは強い自己肯定体験(簡単に言うと成功体験)を体感しないと、人に対して心を開ききれない。

どんな人間にも必ず才能はある。
ほとんどの人間は、その才能の片鱗にも気がつかずに死んでいく。
それが「普通」だという人がいる。

私はそうではない気がする。
社会が、人が、真に人間らしくいきいきとしていけることを、地域に住まう人が一生懸命考えて実行すれば、私は「消えたい」と思う人が消えるのではないかと思う。

役に立たない人はクズじゃないよ。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新記事

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]