忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

03/24

Thu

2011

食べろぐでも載ってます

北海道は登別市。
地獄谷の有名な温泉街に行ってきました。
そこでも知る人ぞ知るラーメン店「味の大王」でラーメン食べてきました。
ここはカレーラーメンがおいしいのですが、もうひとつ辛党のチャレンジ精神をくすぐるものがあります。
その名も地獄ラーメン。

この地獄ラーメン0丁目からあり、上限がありません。
この「~丁目」というのは辛さのことであり、役4gほどの唐辛子が追加されていきます。
それで、10丁目から制覇した人の名前が張り出されているのですが、辛いものはいける私めが挑戦してまいりました。


1丁目ごとに追加される唐辛子の量。

ラーメン店に入り新規の人間で興味本位で10丁目頼む人がいるのでしょう。

「ご注文何になさいますか?」
眼鏡をかけた優しそうなお兄さんが聞いてくる。
「地獄ラーメン10丁目で」
一瞬空気が変わる。
刹那のたじろぎ、疑惑の目。
「10丁目ですか?」
不安げに聞くお兄さん。
「はい。10丁目で」
堂々と応える私。
憂いを帯びたお兄さんの目は語りかける。
「これは興味本位で食べるようなものではないのですよ」と。
お兄さん私の目の前にある張り紙を指差して念を押してくる。
特に挑戦しても何も出ないことと、まったくお勧めしていないことと、スープまで全部飲まなければ達成にはならないことなど。
「大丈夫です」と私。

スタッフ2名の不安げなまなざし。
もう1名ラーメン作る係りの淡々とした仕事ぶり。
そしてしばらくして出てくるラーメンはこちら。


まっかっか。

レンゲですくってみる。


ちょっと影が写ってしまって見づらいけれどスープはカゴメあたりの「トマトジュース」のどろっとした感じを思い浮かべてくれればよいです。
現在の最高記録保持者は53か54丁目あたりだそう。
つまりさらっとしたスープがトマトジュース状のものになるのだから、その5倍ときたらいかなる状態になっているのか想像もつかない。
ちなみに1丁目追加するごとに50円プラスされるので、800円+2750円=3550円で新記録挑戦です。
はっきり言って10丁目まずいです。
いや、張り紙でも書いてあるし念も押されるし、改めて言うことではないのですが、まずい。
最初の麺を食べたあたりでは、「お、いけるんじゃないの?」と感じましたがスープが辛かった。
なんかトマトジュースにみりんを入れているものを飲んでいるような感覚になってくる。
ちなみに10丁目は市販のキムチの中に甘みを見出せる人なら充分いけると思います。
自称ピリ辛好き程度には絶対にお勧めしない。
ハバネロペッパーを普通の唐辛子のように10振りくらいしたものを食べられる人なら全然平気。
ちなみに汗は吹き出る、気持ちは悪くなるで大変でしたが普通のラーメン食べる速度で完食。

食べ終わった時、はっきりわかった。
これは見得のために挑戦するものなのだと。

食べ終わり、お兄さん見る。
「これでいいですか?」
と、どんぶり見せる。



お兄さんほっとしたように微笑む。
私も微笑む。
店内が何かの呪縛から解放されるかのように明るくなったのを感じました。
思わず親指立てたくなっちまったぜ。

10丁目以上完食の人は店に名前が残せるそう。
で、書いてきました。
たかが10丁目あたりで。
せっかくの記念なので。
「会社の名前などはよろしいですか?」と聞かれましたが、フリーだもん。
自分の名前だけがブランドだもん。
名前だけ残してきました。

店を出る時待っていた客が「地獄ラーメン4丁目とビール」って注文していました。
なるほど、あれがツウの頼み方なのね。

もし登別温泉お立ち寄りの際は、お気軽に普通のメニューで楽しんでくださいな。

コンディションがよければ新記録もいけるかもしれないと思いましたよ。
ちなみにその後気持ち悪さはタコカツを近くの店で食べるまで抜けませんでした。

P.S.
営業時間が12:00~14:00、21:00~翌2:00となっているので、定休日など調べてから行ってくださいね。

拍手[1回]

PR

04/22

Wed

2009

しゃぶしゃぶ屋のはるかさん

飲み屋のはるかさんからしゃぶしゃぶ屋のはるかさんになったのですが、昼はとんかつ、夜はしゃぶしゃぶで、今日はしゃぶしゃぶでハーブ豚を食べてきました。
鳥のたたきや、するめいかの塩辛、黒豆、大根の煮付けも食べてきて、控えめで強くなく、どれも上品な味でとてもよかった。
どれもほんのり甘い。
肉はコラーゲンの湯にくぐらせるという、おつなもの。
(昆布出汁もあります)

札幌でこのレベルの味がリーズナブルな値段で食べられるとは。
だいたい今日は全部でお酒も飲んだので5000円ほど。
これが東京だとニ・三万ぐらいまで跳ね上がってもおかしくないくらいのレベルでした。

それよりも、ひと噛みごとに口の中にひたひたと足を踏みしめるようなしっかりした味わいがきて、色々とはるかさんのことを考えると泣いてしまいそうだった。
苦労人だからね。
よかった。
五千円払っても、それ以上のものは味わえたという気がしました。

昼は夜よりも安く、千円前後払えば、午後には眠くなるほど食べられるので、お昼のとんかつもおすすめ。
お持ち帰りの弁当もやってます。



http://koharutei.jp/

拍手[0回]

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]