忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

04/15

Wed

2009

防衛医科大教授 痴漢逆転無罪

http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20090414170745.pdf

従来の痴漢犯罪における捜査方法を抜本的に見直さなければならない判決です。「信憑性のある証拠」を持ちえなければ「疑わしき点」は残り、「被告人の利益」となる。

これは相当難しいよね。

供述において「不審な点がある」というのは、痴漢被害にあった女性の心理からすれば、当時は動揺しているだろうし、あいまいな点が出てくるのはよくあることのように思えるけれど、問題は電車などの過密状態での痴漢犯罪は下着に入れられた手をがっちり掴むなどしていないと、立証は難しく、例え他に犯人がいたとしても、本人が「この人がやったんです」と言っちゃえば、そのまま有罪までなっていた。
あいまいといえばあいまいだけれど、満員電車の中で行われた行為が「本当にその人がやったのか」ということは、どのように立証すればよいの?

今回のような事件が起こった場合、お互いの供述だけが証拠にしかない場合どうすればよいのだろう。
想像力豊かな人間なら痴漢をでっち上げることも、論理的、経験的に筋を通すことなんて容易だろうし、また加害者にも同じことが言える。

過去にその人物に疑わしき点がないとか、社会的に見ても動機としては納得できないとか、そういうのは「良識」の観点から言っていることで、犯行を覆すに至る証拠にはならないと思うのだけどね。
それはそうとして、被害者の不審な点に対して、なぜまた降りたのに同じ車両に乗ったのか、犯人を捕まえる気なら、どうして最初の被害の時にいち早く手を捕まえて声をあげなかったのか、5つも駅を超える間があったのなら、いくら動揺していても3駅目くらいで引っ張れたのではないのか、17歳に対する追求は厳しくなるかもしれないけれど、不審を晴らす明瞭な答えの記述がないことも、余計にわけがわからない。だからどう判断すればいいのかもわからない。不思議だと思った点は追求できなかったのかな?

最高裁というのは、ちょっと勘違いしていたけれど「今までの判決の出し方に法的プロセスとして問題がなかったか」を審議するようで、裁判の見直しを根本的にやり直すところじゃないのね。

最近の高校生と言えども、悪知恵のついている人がいるようで、売春の金が足りないからって訴える人とか、わざと被害にあったふりして、成人だったら犯罪行為になるようなものを許されながら相手から慰謝料みたいなのを取るとか、危ない危ない。
満員電車で間違いが起こるのなら、もう男性と女性車両で分けちゃえばいいのに。
いくらでも起こるよ。痴漢冤罪なんて。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]