忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

05/06

Thu

2010

アニメ音楽がオリコン上位独占

ってことで、「けいおん」っていうアニメの曲がシングルランキングの1位2位を独占したようですね。
出版業界も同じことが起こるのではないかと普通に思っている、っていうか、むしろ現在でもライトノベルに押されてきているじゃんというか逆転されがち。
売れるのは本当に数えるほどのネームバリューのある作家だけ。

自分も「歌」というものにあまり興味を示さなくなって早5,6年以上は経つだろうか。
一部の人を除いてとにかくランキングの上位に上がっているものにまったく興味を示さなくなった…うーん…本当に実力ある人ってトップ10入りする例は「ドラマ」「映画」「アニメ」などで使用されたものがほとんど。

それよりも音楽番組そのものに興味をなくしてかなりの年月が経つ。
「これ自分のほうがはるかにうまいんじゃね?」って思うような人たちばかり。
カラオケレベルみたいなのがたくさん出てきて、ライブで震えるような歌が聞けなくなった。
いまだに歌手でライブに行きたいなと思った人はいないし。
そんな中、何が音楽かなんて素人が言えることじゃないけれど、いい映像を見つけた。



ジェームス・ブラウンが歌った「サニー」という歌。
凄いよねー。
うわぁーこれ生で聞いたら絶対いい!って思う。
ライブに出かけたら聞いた後も興奮冷めやらず、どっかに飲みに出かけると思う。
こういう全身で歌う人がなかなか出てこない。
歌がまったく届いてこないんだよなぁ。
小説もそうなのだけど、最近の小説って「作り物」が多くなってきた。
それってさ、作者がまったく人間を観察していなくて痛みも知らなくて人間がどう動いていくかの洞察力に欠けているからだと思うんだよね。
つまりさ、魂遣ってないの。
歌っていうのも聞き手に届けるものでしょ。
聞き手の魂揺さぶっていくものでしょ。
魂遣って歌う新しい人を音楽業界がバックアップしなくなったのがこういう結果を産んだんじゃないかな。
正直自業自得だと思う。

ファンを産むって本来はとても大変なこと。
今の大手の売り方って、すでに存在しているファンをころころとまわしているだけ。
確実に買ってくれそうな、すでに開拓された層を狙って次々と類似商品を出し、枯渇したら次に移る。
そういう「マーケティング」と名乗れば聞こえのいいような「えげつない商法」で今まで来た末路がこれなんじゃないのかなと思う。

違法コピーとか、違法アップロードとかが増えて、音楽の売れ行きが落ちたとか業界に所属している人は言いそうだけど、私と同じように「買いたい衝動を最近の歌に見出せなくなった」っていう人は結構多いんじゃないだろうか。
ファンが気がついちゃったんだよ。音楽ってこういうもんじゃないよねって。
小説もまた同じで最近の新しい作家さんのを買うのが怖い。
魅力を感じないのだもの。一部の人を除いて。
探すのも見つけるのも大変なことだけど、随分と小粒になった。
音楽業界でも売り方がうまいだけで、商品は実はあまりたいしたことがないっていうのが多いんじゃないだろうか。
結局音楽業界も出版業界も似たような売り方しかしてなかったってことだよね。
そして新しくよいものを育てようとしなかった。
自分の首が絞まりだしてきたときに、何を考えたかって、その残りの体力で全力で新しいものを育てるのではなくて自分の利益のことを考えた。
音楽って波長だから、聴きたいんじゃなくて「体感したい」って人結構多いはず。
そういうドーンって迫ってくるような体感ができるのもまれになってきた。
応援したい人もなかなか出てこないし。

すべて業界のせいにするのもなんだから、ちょっというけど巨大な組織に利権を求めようとする前に新しく芽を出そうとするアーティストはいち早く腐った体質の組織は捨てていって欲しいよね。
本当に実力あればファンって徐々につく。
食っていくことは大変だけど自分の実力を伸ばしていくことはできるはず。
悪いものがあったら「あいつが悪い」なんていつまでも言っていてもしょうがないし、新しく始めちゃえばいいのさ。
だって自分がやろうとしている、やっていこうとするものを本当に愛していたら、愛しているなりに行動するでしょう。
自分の心から愛する恋人が病気だったら救おうとするはず。
音楽だったら音楽。音楽会社は「音楽」とは関係ないでしょ。
なんて偉そうなこと口走ってますが、とにかくいいものに出会ってそれを体感したいわけです。
魂に迫ってくるような、こびてなくて見下してもいなくて真正面から傷ついてやるぐらいの勢いで突っ込んでくるようなものに出会いたい。
一ファンの嘆きでございますよ。

マキシマムザホルモンがんばってー。
BOOM BOOM SATELLITESがんばってー。
こう見えても実は応援したい人はたくさんいたりする。

ちなみに吉幾三も本格的にDJ-IKUZOで新しい音楽作ってもらえばいいのに。
吉さん本人がやりだしたら盛り上がるだろうなぁ。






でもさ、このアニメソングが上位を独占っていうのも、新しい電脳時代へのただの通過点に過ぎないのかもね。
初音ミクみたいなデータ上でしか存在しないようなアイドルが主流になったりして。

拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]