忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

11/21

Sat

2009

「どうして、そんな人のためにしようとするの。後のことは他人事でしょう」
「それは、自分の中にはどうしても、辛い時期に、本当に身近な人に助けてもらえなかったという意識がどこかにあって、それで、どうしても、砲っておけなくなって、してしまう。自分が本当に辛かったから、だから、自分だけは人の苦しみを背負って、少しでもなんとかしてあげたい」

それもまた、ある意味自分勝手な考えであることはよくわかります。

「他人事」

多くの人はそう割り切り、他者への干渉を控えます。
プライベートなことだから。

そして個人もプライベートへの干渉を酷く嫌います。

人は他人から何か言われた時「プライベートにまで干渉されている」と思います。
そして言う側も「プライベートにまで干渉している」ということに気がついていない場合があります。

しかし「自分視点」の人は、「他人への接し方」も「プライベートなこと」として一緒にして考えるため、「指摘」が非常に困難になります。

私正直言って「わかってやっている人」はいいと思っているのです。
自分が差し出す犠牲もわかっていて、どんな状態になるかもわかっている。
「覚悟」があって、最後までできるっていうのなら、やればいい。
生きるも死ぬも後はその人しだいなのだから。
でもたいていの人は「わかってやってない」です。

人の苦しみを背負おうとすることは楽なことじゃない。
辛いし、時としてなんの報いもなく、虚しい。
何度も何度も繰り返して「何故こんなことをしているのだ」と思う時もある。

「愛している」が、どうしてこんなにも都合のいい使われ方をするかっていうと、受け取る側が「自分にとって心地のいい『愛している』」だけを選び取っているからだ。
そして伝える側も、都合のいい「愛している」を繰り返す。
その「愛している」は、「あなたの痛みも背負います」ではなく、「私にとって心地よいです」の感じのほうが強い。

このように、一見相手のことを考えているようで、自分のことが中心であることが多い。
でも人生は、自分自身のものだからと、そこから視点が自分よりになるのは当たり前のことだが、しかし私たちは一人で成り立っているわけじゃない。
どんな想いだって、たった一人で成り立つ想いなんて、この世界にひとつもないのに。

「他人がいるから想いがある」

そんな当たり前のことすら、忘れてしまいそうになる。
過去の想いも今抱けるのは、今接している人がいるからでしょう。
誰もいなかったら、過去の思い出なんて必要ないのに。
誰もいなかったら、「生存本能」さえあればいい。
今日を生き延びることだけで、思い出にしがみつく暇もない。

人と接しているのに、自分の思いだけに留まろうとする。
どうして私たちは「壁」を作っていくのだろう。
互いにもろいからこそ、「壁」ができるのだろうけれど、互いにもろいからこそ、弱さを考えあわなきゃいけないんじゃないのか。
それは「押し付け」ではなく、「思いやり」として。
受け取るほうも「押し付け」としてではなく、「思いやり」として。

拍手[1回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]