忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

06/27

Fri

2008

 三重県で18歳の少年が友達?顔見知りの女性の母親を殺害して現金10万円を奪ったらしい。
 三女は事情聴取をされるまで母親が死んだことを知らなかったというから、むごい話だ。
 しかし、この事件は物凄い純粋な動機だ。生粋の犯罪者と言っていい。目的のためには人殺しも、虫けらを殺す程度にしか考えない。金さえ手に入れば他はどうでもいい。

 映画で思い出したものがある。
 リドリー・スコット監督作品に、「ブラック・レイン」という高倉健、マイケル・ダグラス、アンディー・ガルシア、そして松田優作が出演した有名な映画がある。
 松田優作の悪役振りには、ハリウッドが騒然としたというが、この松田優作のヤクザの悪役は、目的を達するためには、極道としての道すらも外し、目的のためだけに純粋に動いていくという悪なのだが、組の親分が「戦後、アメリカから押し付けられた文化で、(松田優作役の)佐藤のような男(任侠、人情、礼儀もない目的のためには手段を選ばない人間)がたくさん生まれた」という内容のセリフがある。
 1989年の作品だ。
 脚本は日本人ではなく、そのセリフにすべての真実があるかというとそうではないが、効率と利益を追い求める現代人なのに、逆に精神論も唱えるという矛盾したことを言い続けているのは団塊の世代あたりだ。純粋にその考えを抽出したら、金のために奴隷になれと言うことだ。
 こんな日本になったのはアメリカのせいだとは言わないけれど、仏作って魂入れずの国になってきているのではないかという懸念や憤りはいつも抱いている。

 単純な理由で殺される。単純なことで傷つけられる。
 このネットでさえもそうだし、ネットを越えて現実でもそう。我が身大事で他人はどうでもいいなら、その部分に関してだけいえば、犯罪を起こした少年と何も変わらないことになる。

 この文章を読んで何かと腹立たしくなる方はたくさんいると思うが、時々チャットで未成年と話していて、たまに妙な気持ちになる。
 動機が単純で、人間のことなのに、まるで物のように言う。
 子供はああがいい、こうしたい、結婚するなら若くして子供生んだ方がいい、ババアやジジイじゃ参観日がかわいそう。
 気に入らなければ暴言(いい大人も子供と同じレベルでやる)。
 色々と具体例をあげるのも面倒くさいくらい。
 
 もう常識なんてぶっ壊れたんだね。
 真面目に働いて、通り魔に殺される時代になったんだよ。
 財布の中に入っている5、6万でも取られて殺される時代なのだし、溜まり溜まった鬱憤をみんな持っていて、どこで爆発するかわからない。
 そういう時代になっちゃったんだ。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]