忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

03/24

Mon

2008

「芸術」という辞書としての定義

辞書の定義を求めてある一定の物事をくくりたいのなら、辞書を引けばいいのに、なぜ私の感覚をわざわざ言葉にする必要性があるのか疑問に思う出来事があった。
「芸術ってどういうもの?」
という簡単な質問だった。

考えながらまごまごして、「無形物から生まれる有形物でしょうかね?」と答えたら「それは芸術の定義にはならないな」と答えられた。

別に定義で芸事をしようとしているわけではないから、どれだけコケにされようと私には関係のないことだった。

その方は非常に本を読まれる方で、私の読書量の大変少ないことに対して「そんなことで文章書こうとするほうがおこがましいわ。やることを言わないほうがいい」といわれた。
そりゃそうなのだが、文学とネット上でのコンテンツとしてのエンターテイメント文章とは、まったく違う方向を向いている。

私は少なくとも紙にはしたいので、確かにその方のいわれることも一理あるかとは思うが、芸術の最終目標は「限りなく無限に近い同化」であって、限りなく限定されたものへと向かうのは「感覚」を「広げる」ことから反している。
つまり、何かでくくろうとすること自体、行動としての芸術には反する。

芸術には矛盾がある。
我々はツールを使う。
本を書くなら文字を、絵を書くなら絵の具や筆などを使う。
これは、限りなく無限に近い状態、つまり感覚の鋭敏さが世界へと溶け込んでいく、同化することによって得られる達観した状態を限りなく封じ込めることになる。
無限を限定すること。
芸術としての矛盾はすべてここにあると私は考えている。
そして、永遠にこの矛盾と戦い続けるのだ。

経営コンサルタントをなさっている方だったが、正直に言って「商売になるかならないか」なんてことはどうでもよいのだ。
私は「利道」の大原則は「投資」にあると思っている。
「投資」とは、「他人の幸福を育てる」ことだと思っている。
投資におけるお金とはそのように扱われるべきなのだ。
物を売るということの裏には、「この道具を使うことによって少しでも幸せに貢献したい」という思いがなければ商品は魅力を持たないと私は考えている。
さもなければ最終的にお金に裏切られることになる。
それもそうだろう。
最初からお金を裏切っているのだから、最終的に見放されるのは当然だ。
私は「これは儲かる」「これは儲からない」という基準よりも、一人でも幸福にできるだろうか、もしくは後世に何か残せるだろうかを基準に考える。
一人殺して百人救えるのならば、私はちゅうちょなくやろう。

辞書としての定義などどうでもいい。
一人殺すことが「救済」かと言えばそうではないではないか。
だが結果的に百人を「救済」している。

定義が人を救っているわけではない。
定義が芸術をしているわけではない。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]