忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

06/28

Tue

2016

ノイズだらけの人間社会

人は都合よく今必要なものを与えてくれないのは当たり前なのだけれど、さも自分が知っている正解が相手にそのまま当てはまれば君もちゃんとした人間になれると言わんとばかりの言いよう。
自分ももっと反省しなければいけないと思うのは、いつも自分の考えを言う前に人の話を聞かなければいけないということ。
でもそれはとても難しい。
まず自分から語るけれど、それが相手の口を封じることもある。
基本は自分の心を裸にするのが私のやり方なのだけど、そのやり方が期待しているのとは逆の反応を示すことだってある。
人によってペースは違う。口を開くにも時間がかかる人もいる。
一日二日じっと待ってなきゃいけない人だっている。
人は人にかまってやれる時間が惜しく、やることがあればあるほどかまえない。
自分がやるべきことは自分が一番わかっているのにもかかわらず他人が気になる。
ちょっとやれば相手は勝手に動いていくものだとたかをくくって、望む方向にいかない相手を叱責する。
あっちでもこっちでも人は人を馬鹿にし合っているのは何故だろう。
それともネットが酷いのか、それともそれが日本人の性根なのか、世界共通なのか。
「菊と刀」という本が読めなかった。
読んでいる途中動悸がして、苛立ちが最高値に達し、文字が入ってこなかった。
全部ページはめくったけれど、それは読んでいるということにはならない。
あそこには自分が味わった日本人の嫌な部分が書かれている。
色々と過去のことが一気に噴出してきて、自分が制御できなくなった。
「言っていることは正しいが、やっていることは間違っている」
そんなセリフが先日見てきた舞台であった。
人間は正論を振りかざす時、論理性の密度を高めれば高めるほど己を軽視する。
例えば相手への叱責、罵倒、嘲笑、卑下、蔑み、などなど、これらの行動は全て著しい欠如を意味する。
それは人間性のみならず、知性の欠如も意味する。
人は心によって、年齢によって、知識によって言葉の意味を変えていく。
例えば若い者は馬鹿だと言った時点で未来から隔絶される。もうどこへも行けず停滞する。だって、そのような人間は子供と真剣にお話したことがない人なのだもの。
世の中には様々な思惑がある。知識がないために大損をすることは多々ある。
他者が人の心に添うことはとても難しい。
だけれど可能な限り寄り添おうとすることは努力次第でできる。
学びを人に押し付けようとすれば拒絶されるのは当たり前。
学びを諭そうとするには、よほど相手の心に寄り添ってないと不可能。
他者へ対し、特に赤の他人に対し労力が必要な事は、だいたい今の人たちは放棄しているか、心折れている。
難しいことだから。
皆口々に勝手なことを言い、そこに矛盾が生じている場合、さてどう動く?
立ち止まるか、右往左往するか。どちらも自分がない。
私も心が辛くて何も出来ないことは多々あるけれど、一つだけ言えるとしたら、もうちょっとやりたいこと本気でやればいいんじゃないかな? ってことぐらいだ。
正しいことは、芳醇な経験の先にこそあるもので、それは最も弱いものに対し、どれだけ力を与えられるかだと思っている。
私自身守ろうとしていることは「持っていないものに対してこそ、持っているものが与えていくべきだ」ということ。
そのことは目標にもなっている。
そのために巨大な力を手に入れたい。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]