忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

04/03

Sat

2010

恋は人を詩人にする

使い古された言葉だ。
だからと言って当事者にとってその言葉は陳腐になるどころかよりいっそう輝きだす。
はたから見たら、どんなに常軌を逸していても、恋に落ちたものを止める術はない。

恋をしている人がいる。
文章を書く人で、ブログも書いている。
去年の末からだから、結構進んでいるだろうと思って見てみたら、まるでジュリエットだった。
月に向かい想い人への言葉が詩のようにすらすらと出てくる。
とても作為に満ちた文章が到達できない次元の文章を自然と書いている。
それを読むと、自分の文章がいかに稚拙で、いかに低次元かを思い知らされる。
人生に一度でも、あれほど燃え盛るような激情で切なく甘い香りに満ちた文章を書いたであろうか、いや、ないだろう。

一秒でさえも時間の重みを感じ、自分の心の艶やかさを歌い、世界は星空を流れる流星のように輝きだし、きらめきに満ち溢れて華となる。
想い人の大きな存在が体中に満ち、触れたひとつひとつを噛み痕のように肌に残し、いつまでも愛しく感じる。
たとえ月の光にかなわなくとも、願いを背負った流星の、尾の先にまで満ち溢れた祈りは、どんなに飾り立てた言葉さえもかなわず、宝石と灰のような絶対的な差であり続けるだろう。
装飾することがいかにくだらなく見えてくるか。

それだけ人に全身全霊をかけられることを、心からうらやましく思う。
同時に、自分がその域にまで達していないことに、作家失格のレッテルを貼られても何一つ反論はできないだろう。

私も昔愛されたことがあった。
わけありの人に。
でもそんなことはどうでもよかった。
猛烈に、愛された。
今も生きていればきっと私のことを考えていると断言できる。
しかし私はその人と同じように、それ以上に愛していただろうか。
愛していたつもりだった。
時間が過ぎ去った今となっては、自信がない。
凄い人だった。当時精神的にも使い物にならなかった自分に献身的に尽くしてくれた。
私の作るものを愛してくれた。
私の作るものを名前を変えても見抜く人だった。
あんなに愛されたことはなかった。

文章を書くのも、その人の願いがこもっているから続けている。
それに信じてくれた人が正しかったことを証明するためにも続けている。
売れないから、食べていけないから。
そんな都合でやめてしまったら、自分も他人も裏切ることになる。
それは人生においてとても悲惨なことだから、もう繰り返したくない。

恋をするその人を、うらやましく思う。
自分を信じきっている。心から、疑いなく、純粋に確信している。
自分は恋をしている。自分がどんな状態にいようと、この気持ちだけは真実。
止められない衝動がありとあらゆる魂の泥をそぎ落として輝かせている。
素敵なことだと思う。

私も恋をするような情熱で人と向き合わないといけない。
それができなければ、作家になる資格すらもない。
ブログを書いているその人が次に私の元に訪れる時きっと別の目で私を見るようになるのかな。
未来には、いつも、輝かしいものが待っている。
そう思って生きていきたい。

拍手[3回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新記事

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]