忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

02/18

Mon

2008

異性に対する執着をなくし、去るものは追わないことにした。
そのかわり、自分のすることにも口出しはされたくない。

私の考え方は、恋人同士だろうが、結婚していようが、他の人を好きになることがある。
それはいろいろな条件が重なるとはいえ、ひとつだけ言えることは、「その人間が相手を繋ぎとめておくだけの魅力を備えていなかった」ということになる。
だから私の場合も、ふられるとしたら、たかがその理由でしかないことを己に常に言いつけてある。

男と女の間にルールはない。
互いにその心を知り合い、そして歩み寄り、掛け算や足し算のような作用を及ぼさなければ、せめてプラスマイナスゼロの関係でなければ、ただ搾取しあい、傷つけあうだけの関係になる。

そんな関係が意味をもたらすというのだろうか。

せめて、そこに救いを与えるとしたら、それは子どもの存在だ。
子どもが、将来親に対して大いなる恩恵を与えることがある。

昔から親に感謝せよと言う。
感謝もできないような人間は人でなしや鬼畜とも言っていいのかもしれない。

今の時代は、親が子どもを殺す。
子どもが親を殺す。

私はその原因は、心よりもものを重視しているせいだと考えている。

形だけを見て、心を殺す。
殺伐とした時代に、豊かで伸びやかな人間は育たない。
理屈を超えた苦痛が、そこにはある。

親子でさえ、そうなのだから、男女関係で心を無視すれば、もはや破滅しかない。
その宿命に常にさらされている。
法や道徳さえも、ここに再生を与えることはできない。
あたたかな思いのみが破滅を救う。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新記事

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]