忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

05/01

Fri

2009

吐き気がする。

そりゃ飲みたくもなるよ。

「説教は聞きたくない」だとさ。



女の人は説教がましいことを望まない。

自分の思いが発散されればいい。

男は解決策を見出そうとする。

両者の脳の違いが喧嘩を生む。



だけどさ、ひとつだけ言わせてくれ。



成長しない人間は同じ過ちを二度も三度も犯す。

なあ、高いツボに全財産使って、生活費が足りないと嘆く男が、

再度高給布団に全財産使って、もう破産するしかないと言う男を、

お前たちは同情するのか?

見ていて腹が立たないのか?

これと似たようなことが「恋愛」において繰り返されていたら、

たちまち弁解じみた言葉がたくさん出てくるのかい。



教えてくれ。

女性たちよ。





追記:
私は人間には痛みが必要だと思う。
痛みを知らない人間は、必ず暴力の加減を知らない。
自己中心的という感覚は、自分の感覚に固執しすぎて、それを捨てられない人間のことを言う。
極端だが、他人に尽くしすぎて損をしてしまう人間も、実は自己中心的と言える。
なぜならば、結局「自分の傷みの感覚だけ」で、他者を判断し、痛み入るからだ。
両極の中心はどこにあるかということを言葉で定義することは難しい。
しかし、「自分の感覚をぶっ壊してくれる思いやりに溢れた何か」の存在はとても重要で、何百何千の人間よりも、そのたった一人が啓示を与え、人生の転機をもたらすことは多々ある。
しかしこのチャンスさえも、本人の判断基準が隔たっていれば過ぎ去ってしまう。
それは「愚か」ではない。
客観的に見て、人生を長い目で見れば、結果的に「愚か」だと判断できるかもしれないが、それは常に「神の目」であって、「人間の目」ではない。
我々は常に主観的に生きている。
自分が正しいと思っている。
あいつは間違っていると思うこともたくさんある。
でも我々は、それでも他人への優しさを忘れてはいけないのではないのか?
最後の救いを残しておいて、常に破滅か救いかを選ばせる心の余裕がなくてはいけない、と私は思っている。
大事なのは常に「自分を律すること」だ。
「他人を律すること」ではない。

いつも自分勝手なことを言っているが、
今日は最後にひとつ自分勝手なことを言わせてくれ。
酔っ払いのたわごとだ。

「なぜ、人は悲しみを与え合わなければならないのか」

わかっているけれど、思わず立ち止まってしまう。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新記事

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]