忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

09/24

Sun

2006

きっこのブログと伝言ゲーム

(2010年4月9日追記:「伝言ゲーム 例題」の検索ワードでいらっしゃった方、右側中央のカテゴリーより「伝言ゲームの例題」を選んでおすすみください。ご用意させていただきました。…遊びで☆)



ジャーリズムの日記はどうして書いたかと言うと、友達が「きっこのブログ」に書いてある内容をどう思うかと聞いてきたので、思うところを書いた。
時事ネタに関しては、かなり疎いので、正直に言ってコメントできるほど知識がなく、裏づけも反論もできないまま「本当なのかな?」と思ってしまう。
ただ、時折、恣意的なものを感じてしまう。
このブログの書き手が、意図的に事実を改変した場合、誰がその悪意を見抜けるのだろう。

例えば言論の恐ろしさと言えば、「私は」と「私に」のように、たった一文字違いでも、受け手には正確な情報は渡せなかったということになる。
まるでこれは「伝言ゲーム」と同じ要領だ。

この友達の悪意のない投げかけによって、さび付いた脳が少しだけ、ぎこちない音を立てて動いているのだが、茂木健一郎さんはこのブログを褒めていらっしゃった。

その中で、「ここはプライマリーなメディアだ」、と書いていらっしゃって、「はて?プライマリーって?」ってアホなこと疑問に思って調べたら、「primary」には「主要な」の他に「最初の」「初期の」「(情報などが)直接の」などとジーニアスには書いてあった。

なるほど。
この意味を考えると、「別に情報の信憑性はともかくとして」というニュアンスにもとれるわけだ。

そう、解釈するとですよ?
同じく茂木先生のブログに書いてある、

 『きっこのブログ』は、そのスタンスや
内容など、すでに「マスコミ」を超えていて、
情報価値が高い。

という文章の中の「情報価値」という意味が、「情報の信憑性としての価値」という意味ではなくて、「情報の自由性がいかに高いか」「言論の自由としての多様性がいかに高いか」としての「価値」という意味にもとれるわけです。
むしろ、こちらの意味のほうが先生のブログに書いてある文面からは強く読み取れるように感じるのです。

この解釈の違いが、すでに「伝言ゲーム」になってることがおわかりでしょうか。
「きっこのブログ」の書き手には、時折主観的な意見が強く入っています。
そして、多分な推測がふんだんに含まれています。
客観的な事実にもとづく推測は、客観的な事実では断じてありえず、「推測の域から出ない」わけです。
この主観が、本来正確に読み取るべき情報を、間違って読んでいたとしたらどうします?

例題を言うとこうです。
作者はAを憎んで、Bに好意的だった。
作者はAから「Bを殺してやりたい」と直接酒の席で聞いていた。
作者は偶然Bに馬乗りになり、刃物を持っているAを見た。
作者は「AはBを殺そうとした」と客観的な事実にもとづき警察に証言した結果、Aは殺人未遂で逮捕された。

普通、読者はこれで満足なのでしょうが、さて問題は、本当の真実は「実はBがAに刃物で切りかかってきて、偶然Aが取り上げたところを作者は見かけた」のだとしたらどうでしょう。
客観的な事実から推測された証言はすべて「偽」となるわけです。
そういう疑いを誰もかけないのでしょうか。

例えば他にもテレビでよくテロップが出ますけれど、その時、カッコ付けで発言に付け足されているものを見ると思います。
カッコがなかったら、「みんな死んでしまえばいい」となるところが、前後の関係から「(凶悪犯罪者は罪の償いようがないから)みんな死んでしまえばいい」となったら、意味合いは180度転換しますね。

個人的にはこのような情報の不安定さを推測や思想としてあげるのではなく、いかにも真実として取り上げていくのが大嫌いなのですが、茂木先生の「プライマリーなメディア」という言葉を見て、「ああ、インターネットって不安定で自由勝手なのが売りなのだ」と思ってしまうわけです。
自分もこの一言に妙に納得しようとしている。
で、自分もそうしているわけだし、所詮「同じ穴のムジナ」であることは変わりがない。

でもやっぱり不思議なのは、情報を信じても裏づけをしようとする人が極端に少ないということ。
やりっぱなしの伝言ゲーム。

P.S.
さっきの例題で推理小説かなんかが書けそうね(笑)

拍手[2回]

PR

Comment

おそるおそる、コメントさせていただきます。

  • 風待人(またはTOMOはは)
  • URL
  • 2006-09-24 08:14
  • edit
はじめまして!

クオリア日記から、風にのって飛んでまいりました。

ほんとうに、ささやかな気持ちで
まったく貴重な意見とは程遠いものですけれど・・・

半年ほど、手探りでブログをはじめて
言葉を公開することや
自分の言葉の意味するものや
それを受け取った方々にとってのその言葉の意味などに

日々、思いあぐね、思い悩み
けれど、書かずにはいられない・・・

という自分と付き合っております。

「きっこのブログ」については

アノような書き方を、理解することが私自身には
大きな努力を要するので・・・

まだ、何とも言葉にできませんけれど
あさかぜさん・・・さま(って、つけたらおかしいですか・・・?)

には、お話しやすく感じたので
コメントさせていただきました。

茂木先生も、きっと何か
おっしゃりたいことがおありだったのでしょうね・・・?

また、お話伺いに参ります。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントありがとうございます

  • あさかぜ@管理人
  • 2006-09-24 11:44
  • edit
きっこのブログは、一つ独立したメディアなのだから、よしとして、それを読んだ友達があたかも「もう日本は戦争だ」みたいなことを言い出すので、少しカチンときたわけです。
で、その友達がどれだけ情報の裏づけを取っているかと言ったら、「?」なわけで、基本的には友達を含むあらゆるメディアにさらされている一般読者というものは、情報に対しての免疫がなかなかできていないのが実情のようです。
情報化社会なのに、情報に対する懐疑性を教育で養わないのはおかしいですよね。
誰も情報の発信者は「最初から疑ってかかるように」なんて書いている奇特な人なかなかいませんもの。
私は茂木先生の『「脳」整理法」という本を読んでから、「他人の思想・行動を自分の都合でどうにかするということは傲慢」と自分には言い聞かせていて、主観や思想に対しては「それはあなたの考えだから」とノータッチなのですが、さすがに友達の言葉にはムッときましたよ(笑)
極端な話、言論が統一されると、脳も画一化されるわけです。
例えばそういう状態の中に、「きっこのブログ」のような存在があると、りんごとみかんをミックスさせたように、脳内にも変化が訪れるはずです(詳しくないのですが)。
そういう視点から見ると、「あらゆる多様性を持った要素」というものは、生物学的多様性というか、脳の多様性には欠かせない要素となるのでしょう。
フルーツいっぱいあったら、いろんな味のジュース飲めますからね。
この見方だと、茂木先生のおっしゃることは鵜呑みにできるわけです。
ただ、個人的には「情報の受け手が情報を鵜呑みにする」こと自体が恐ろしいと思うのです。

呼び方は普通にさん付けでかまわないですよ♪
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

茂木健一郎先生序文『蒼天のクオリア』

  • 茂木健一郎先生序文『蒼天のクオリア』
  • URL
  • 2006/09/24(Sun) 10:49
拙著『蒼天のクオリア』への書評として、 「入手極めて困難な名著です!」と、Amazonのユーズド商品のサイトに書かれています。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/offer-listing/-/478389597X/used/ref=sdp_used_b/249-2157088-9769113 これは著名な脳科...

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]