忍者ブログ

あさかぜさんは見た

リクエスト何かあれば「comment」に書いてください。「note」「Paboo」で小説作品読めます。

12/23

Thu

2010




実は当時はガンダムよりマクロス派だったので、リアルタイムではガンダムは見ていませんでした。
だいぶ過ぎてからガンダムというのを真面目に見るようになった経緯があるのですが、あまり詳しいというほどではない。

最近朗読をするのに、色々参考にしている。
それで一応これからやる方針としては詩なのだけれど「言葉」というものは感情によって強弱をつけて脚色するけれど、言葉の硬さと柔らかさをのみ表現したほうが詩の朗読にはあっているのではないかと考えた。

たとえば、「怒り」なら「硬質」と見なし抑え気味に。
「嬉しい」なら「軟質」と見なし豊かに。
という具合にやっていこうかと。
来年の話になります。

それで動画なんですが凄いですね。
内容はまだしも声に、演説そのものに迫力があって説得力がある。
こんな説得力のある演説をする政治家が出てきたら投票しちゃうよ。
やっぱり政治家っていうのは国民の前で政治をやるのだという気迫を伝えるためにもよい意味で演じきらなければいけないのですね。

自分は表現という視点から最近色々なものを見ているけれど、こちらで作らずに感情移入させるにはどうすればよいのかと考えている。
一種のナレーションのような力の抜き方がいいのかも。

しかし逆にこんな風に腹から力出している人間を飲み込んでいくような迫力もそのうち身につけていきたい。
そうすることでまた新しい感覚が手に入るだろうと思っている。
何度聞いても凄みがあるな銀河万丈さん。

拍手[0回]

PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

フリーエリア

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

バーコード

プロフィール

HN:
あさかぜ(光野朝風)
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/06/25
自己紹介:
ひかりのあさかぜ(光野朝風)と読みますが光野(こうや)とか朝風(=はやぶさ)でもよろしゅうございます。
めんどくさがりやの自称作家。落ち着きなく感情的でガラスのハートを持っておるところでございます。大変遺憾でございます。

ブログは感情のメモ帳としても使っております。よく加筆修正します。自分でも困るほどの「皮肉屋」で「天邪鬼」。つまり「曲者」です。

2011年より声劇ギルド「ZeroKelvin」主催しております。
声でのドラマを通して様々な表現方法を模索しています。
生放送などもニコニコ動画でしておりますので、ご興味のある方はぜひこちらへ。
http://com.nicovideo.jp/community/co2011708

自己プロファイリング:
かに座の性質を大きく受け継いでいるせいか基本は「防御型」人間。自己犠牲型。他人の役に立つことに最も生きがいを覚える。進む時は必ず後退時条件、及び補給線を確保する。ゆえに博打を打つことはまずない。占星術では2つの星の影響を強く受けている。芸術、特に文筆系分野に関する影響が強い。冗談か本気かわからない発言多し。気弱ゆえに大言壮語多し。不安の裏返し。広言して自らを追い詰めてやるタイプ。

最新コメント

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新記事

忍者アド

Copyright © あさかぜさんは見た : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]